aozora room

アクセスカウンタ

zoom RSS 読書の秋

<<   作成日時 : 2010/09/11 17:32   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

一向にテンションが上がらず、心が苦しい日々が続いています。
何をしても気が晴れないですけど、とりあえず本を読むことにしました。


ここ数年、忙しくてなかなかじっくり読書していなかったんですが、小さいころから本が好きです。
なので国語が得意です。文章書くのも好きです。
だから少し、会話に気を使ってしまったり、他人のなにげない一言に敏感になり過ぎるというのはあるかもしれませんね。本を読むと感受性が豊かになると言いますけど、そういうことかも。

周りの人を見ていたら、国語が得意な人→本が好きというのは当たっている気がしますね。
ただ、本が好き→国語が得意とは限らないように思います。
私の勝手な統計です。


母親が「わからないことは本で調べなさい」という主義で、本を買うというとお金を惜しみませんでした。
でも、弟は全然本を読みませんねぇ 性格もあるのかな。

小説が多いですが、エッセイとか雑学本とか、漫画も雑誌も読みます。
でも評論文はあまり好きではありません。
なんでだろ? 感情が伝わって来ないからかな。
ストーリーがないからかな・・・。

あと、あまり絵本は読まない子だったようです。たぶん冷めた子供だったんでしょう
読み聞かせをしてもらった記憶もないんですよね。第一子なのになんでだろ(笑)
実家に全然絵本がないから、買ってもらってなかったんですかねえ。

だからなのか、今も姪っ子に絵本を読んであげるのは超苦手です。
むしろ、姪っ子に読んでもらってます(笑)


嫁入り道具に本棚を買うと言ったら、本を読まないカエル男に「そんなものいらない」と言われたんですが、強硬に買いました。
そしたら、カエル男がここ数年読書に目覚め、週に1回は図書館や本屋に行っています。
近年、私の10倍・・・いや20倍以上は読書してますね
今や本棚はカエル男の本ばかりが入っています。
とりあえずカエル男が買った本を、片っ端から読んでみようと思います(節約)。


そういや、女帝って漫画知ってます?
数年前、加藤ローサがドラマやってました。

私は生まれ変わったらお医者さんかホステスさんになりたいので(どんな選択肢)、これ系のドラマやらは結構観ます。
で、原作の漫画をブックオフで大人買い。
その上、続編の女帝‐花舞‐まで大人買い。

ただのエロ漫画と侮るなかれ(笑)
このストーリーというか、主人公の生き方や、主人公の周りの人の言葉が、なかなか参考になるのです。
辛い時は結構女帝を読みます。
私のバイブルと言っても過言ではないかも。こんな風に強い女になりたいと思いますね。
ドラマでママ役のかたせ梨乃もはまり役・・・というか、原作以上によかったです。
ただ、私はママには向いてないです。サブで力発揮するタイプなんで。
昔から、女の後輩に好かれないんですよね。怖いらしくて(何をそこまで真剣に考えてるんだって?)。

医療系のお話も好きです。
救命病棟24時、コードブルー・・・。
コトーはあまり感情移入して観られなかったので、再放送で観ました。
人間のあくどさがないからかな。

白い巨塔なんかは王道過ぎでしょうか。
黒木瞳がやってた「医学部崩れのホステス」に憧れる私です。

山崎豊子といえば、女系家族もよかったです。
不毛地帯は・・・ちょっと長過ぎかな。
主人公のシベリア抑留の過去と、その後の商社マンとしての人生とが交互に描かれていますが、ものすごくゆっくりストーリーが進んでいきます。
ドラマも2クールに渡っていたように思います。全部録画してますけど、まだ観てません

ついでにドラマ女系家族といえば、米倉涼子。森本レオも高島礼子もハマり役過ぎです。
米倉涼子が主演しているドラマは好きです。
黒革の手帖、交渉人・・・。
こうみると、人間の弱さやずる賢さ、欲望などを描いたものが好きかも。
松本清張なんかは最たるものですね。

山村美沙も、トリックが注目されがちですけど、動機や人間模様がおもしろかったりします。
大沢在昌のハードボイルド系もなかなか。

ファンタジーと現実が入り混じっているようなのはあまり得意ではないかも
全部がファンタジーなのはいいんですけど。
あと、コメディも苦手分野です。

こう振り返ってみると、私は人の不幸が好きなのか(笑)

一番冊数を読んでいるのは、意外と赤川次郎なんですね。小学校高学年から読み出したんですが、この人はシリーズものが多いので、ついつい買い続けてしまっているという(爆)
あまりに本が増えすぎて、高校時代、学校の図書室にたくさん寄贈しました。
会話文が多いので、さらっと読めます。推理小説入門にはおすすめです。
あ、そろそろ杉原爽香シリーズの新刊が出るはず。登場人物が1歳ずつ歳を取っていってるんですよ。毎年楽しみにしてます。


あまり映画は観ませんが、悪人は気になってます。
新聞の連載も読んでいたし、本も読んだし。
私は、映画やドラマを観てから原作を読むってのがほとんどですが、悪人は原作を先に読んだのでどうしようかなと迷ってます。
深津絵里も妻夫木聡も、イメージしていた人物像とは全く違うんで・・・。




とりとめもないことを書いていたらこんな時間
でも、これを書いている間は、少し現実逃避できたかも。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
悪人
■オンナの株が上がる♪■【22%OFF!】隠し砦の三悪人 THE LAST PRINCESS スペシャル・エディシ..... 妻夫木聡が悪人だったあの2ヶ月..... 読書の秋 aozora room/ウェブリブログ あまり映画は観ませんが、悪人は気になってます。 新聞の連載も読んでいたし、本も読んだし。 私は、映画やドラマを観てから原作を読むってのがほとんどですが、悪人は原作を先に読んだのでどうしようかなと迷ってます。 深津絵里も妻夫木聡も、イメージ .......... ...続きを見る
スパイスさえあれば料理上手!
2010/09/11 20:35

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
読書の秋 aozora room/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる