aozora room

アクセスカウンタ

zoom RSS 残暑お見舞い申し上げます

<<   作成日時 : 2010/08/26 00:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

残暑が厳しいったって、程度ってがありますよね・・・


何もしたくありません



結婚してからあまり自分の実家に寄り付かない私でしたが(隣町なのにね)、ばあちゃんのことがあるので3日に1回ぐらい行っています。
ばあちゃんの認知症が進むのは仕方ないんですが、両親が倒れると困るので。

昨日行ってみたら、案の定母親がピリピリしていました。
まあ母親にとったら姑だし、昔から仲悪かったんで仕方ないです
母親は自分が一人っ子で愚痴をこぼせる兄弟がいないし、今は親もいないので、小さい頃から私が聞かされてきました。
性格的にビビりというか、もめごとが嫌いなんで、いつも先に考えて家族の調整役をしてきました。

そういうのもあって、私は子供いらないって思うのかな。
いたらこういう時、やっぱりあてにするじゃないですか?
息子の嫁に「ちょっとは手伝ってくれたらいいのに」って腹が立つわけじゃないですか?
そんなの子供がかわいそう。

母親が、私が子供を欲しがらないのを残念に思ってるのが意味不明なんですねえ。

子供に私みたいな思いをさせたくないからだよ。

自分がまともに生きていくのに精いっぱいなんだよ。
頑張って頑張ってようやく人並みだと思ってるのに、次から次へといろんなこと起きるし、これ以上誰かの人生背負えないよ。
いや、私より辛く苦しい人は、たくさんいると思います。
自分がチキンハートなだけなのかもしれません。

でも、しんどいんですよ・・・


「産んでみたらかわいい」「自分の子は特別」と思える心を、神様は本当に全女性に与えてくれているんでしょうか。
与えられてなかった場合、どうすればいいんでしょう?
誰か教えてください。




こういうのを介護疲れというんですかね?
(介護してないだろって?)



*子供好きな方・欲しい方を否定しているのではありません。私自身の生き方の問題です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
私もおんなじことを思っていましたよ。だから妊娠したときは本当に心がついていかなくて辛かったです。幸い、我が子を可愛いと思えたので虐待には至ってません^^;案ずるより産むが易しと友人が言ってくれました。妊娠中はとてもそうは思えずひねくれてましたが、産んだ後はまさにその通りでした。でも、子供がいようがいまいがそれも人生だと思います。でも、幸い子供ができたらきっと心の支えになってくれると私は思います。
qiuhui
2010/08/27 23:01
ネガティブ満開の記事にコメントいただいてありがとうございます

年を取ったら、いろんなことが楽になるんだと思っていました。子供も欲しいと思う時が来るのかもと思っていました。
でもなかなかですね
何でも重く暗く考えすぎなのかもしれません。

「案ずるより産むがやすし」、すべてのことをそう思って、とりあえずやってみることが私の課題です。
そら
2010/08/31 18:33

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
残暑お見舞い申し上げます aozora room/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる