aozora room

アクセスカウンタ

zoom RSS 歯医者通い

<<   作成日時 : 2009/03/28 22:39   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

3月頭に銀歯が取れ、今日まで歯医者通いをしていました
歯医者は別に苦手ではないんですが、通うのが面倒なんですよね〜。

7月に歯医者に行ってから、なんと8本も虫歯が
ほとんどが小さい虫歯だったんですが、2箇所は治すのに時間がかかりました・・・。
朝晩きちんと歯磨きしているのに

ずっと忙しかったり精神的に張り詰めていたので、疲れが口内環境に影響したのかも。
歯医者さんによると、もともと歯が弱く、虫歯になりやすいらしいです。
1箇所は歯の表面が白く、裏側が銀歯という差し歯?のようなものを作ったんですが、歯科技工士さんが2人歯の色合わせに出てきて(歯科技工士さんと会うのって珍しいですよね)、「わぁ〜、かなりグレーやな。」と、色見本をめくりながら「もっとグレーや。もっとや。」と、唇をひっぱりながら、グレーグレーの連発 別にいいけど(笑)

小さい頃、歯医者が嫌いで(好きな人はあまりいない?)、親に押さえつけられて治療を受けていましたが、今はどんな治療をするのかに興味があり、ずっと目を開けていたら、先生に「目をつぶってください」と言われました(笑)

昨日は子供が抜歯をしていたので、見たくて仕方なかったんですが見られず(趣味が悪い)。
矯正のため、虫歯ではない健康な歯を抜いたようです(どれだけの盗み聞き)。

私は昨日は銀歯を詰めたんですが、場所と歯の削り方が特殊だったらしく、歯科衛生士さんが何度やっても入らず。
今は時間がかかると気難しい患者さんが多いのか、途中で先生に指示をあおぎに行き、先生が詰めることになりました。
しかし先生は抜歯で大変そうだったし、衛生士さんが自分でできなかったことにへこんでいる様子だったので、「先生がいいって言うなら、私で練習してもいいですよ。」と言ったら、先生が許可をしてくれたので、衛生士さんが挑戦しました

何回か挑戦するうちに、うまくはまるようになり、それから詰め物の高さの調整に入れました。やっぱり経験は必要ですね。患者は生きた教材です(笑)

最後の作業は先生がしますが、調整ができた頃に抜歯が終わったので、先生が来ました。
先生は私と同い年ぐらいですが、やっぱり歯医者は歯医者、先生がやるとすぐに一発で入りました
1時間半ぐらいかかり、口が疲れましたが、いいことをした気分です

今日は細かい虫歯を何箇所もけずり、そこに白い詰め物をしていきました。違う衛生士さんがやってくれましたが、先生の最終チェックで、1箇所やり直しに。その時もやり直しながら、先生が私の歯を使い衛生士さんにコツを教えていましたが、「実験台みたいですみませんね。」と言われました。どんだけ難しい患者が多い時代なんでしょう

私は医学の進歩に貢献したい派なんで(どんな派閥だ)、「見たい人は、どうぞ見てくださいよ。次に生かしてくださいよ。珍しい症例なら、論文書いちゃってもいいですよ。」という感じです。そうやって進歩してきた医学の恩恵を、今受けているわけですから。
個人的な意見です。気分を害する方がいたらすみません。

明日は久しぶりに何も予定がありません。
たまにはちゃんと家事をしようと思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
歯医者通い aozora room/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる