aozora room

アクセスカウンタ

zoom RSS 世界フィギュア・女子ショート

<<   作成日時 : 2008/03/22 12:10   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

残業で放送を観られなかったので、録画していたものを観ました。
それから、さきほどネットでジャッジペーパーを検討しました(何様?)


ショートプログラムは、浅田真央選手が、今シーズン鬼門の3回転−3回転を決めました。
しかし、スパイラルシークエンスがレベル1、スピンでもレベルが伸びず、苦手のトリプルルッツは踏み切りのエッジがまだ習得できず減点。まだまだ浅田選手の本領はこんなもんじゃないという感じでしたね。

安藤美姫選手は、直前にプログラムを昨シーズンのものに戻しました。私も個人的に昨シーズンのプログラムが好きだったのでよかったんですが、結局どちらも中途半端になったように思えました。ジャンプは3回転−3回転を3回転−2回転に落としたんですが、全体のスケーティングにパワーがないというか、ステップももっと力強くできるので残念でした(レベル2)。フライングシットスピンでは明らかにふらつき、減点がついています。やはり前回優勝というプレッシャーもあったんでしょうか?

中野友加里選手は、今シーズン非常に安定しています。一つ一つの要素を、丁寧に取りこぼしのないように演じていました。すべての要素で減点なしです。まさに「努力の人」という感じです。それから笑顔が素敵ですね。ショートプログラム3位というのもうなずけました。

キムヨナ選手は、怪我が完治しないままの出場だったためか、3回転ジャンプで転倒しました。ショートプログラムでのジャンプ失敗は、大きなマイナスとなります。さらにスパイラルシークエンスがレベル1、ストレートラインステップがレベル2、スピンもそれほど伸びずに5位。ジャンプだけでなく、全体のスケーティングが上手な選手だけに、今回のショートは全体的に重い感じがしました。

ショート1位のカロリーナ・コストナー選手は、3回転−3回転を入れてはいますが、基礎点は浅田選手のよりも低い技です。しかし、スパイラルシークエンスがレベル4、コンビネーションスピンでもレベル3を取り、いろんなところで少しずつ浅田選手を上回りました。


有名選手を含め、全体的に、「完璧!」という選手がいないショートプログラムでした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
世界フィギュア・女子ショート aozora room/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる